Hallo Emma

halloemma.exblog.jp ブログトップ

寒中水泳

当地では冬場に川の水が川幅一杯の満水状態となり(幅30mくらい)、かつ水が綺麗なので、泳がせるには絶好の機会となります。レトリーバーはその成り立ちからして水が大好き、寒くても平気で飛び込みます。実際に何度も棒を投げて取りに行かせているとそのうち息が上がり、自発的に短時間の休息をとって息を整えるようになります。水温も気温よりは高いことが多く、寒中水泳は分厚い毛皮をまとった犬にとっては楽しい遊びの一つなのです。
泳いだ後、川でしっかりブルブルさせて水気を切り、帰宅してからあるいは車に戻ってタオルドライするだけで、水分はほとんど取れてしまいます。お日様が出ているときは数十分の日光浴でほとんど乾いてしまうくらいで、このときばかりは黒いコートのありがたみを実感します。
また単に投げたものを取ってこさせて遊ぶだけでなく、バリエーションとして、複数投げておいた木の枝を、指示したものだけ取ってこさせるというようなことをさせると、一層面白く遊べます。
そしてこの時期に秋口から溜め込んだ皮下脂肪を寒中水泳で燃焼させてやると、楽しい上に簡単にダイエットができて一石二鳥の効果が得られます。この点はEmmaが太鼓判押します。
今日の写真は尻尾についた水の動きがループを描いて面白いでしょ。
c0020265_9412064.jpg
D FA 50mm Macro 1/400 F2.8 ISO400 シャッター優先モードで画像補正

Emmaのダイビングアニメーションを見ていて判った手順。
1)前足を折り曲げて後足で踏み切る。
2)前足を伸ばし、一瞬、前足後足ともに伸びた状態になる。
3)後足を身体に引き付ける。まだ前足は伸ばしたまま。
4)肘を引き、伏せの姿勢で着水。
5)一旦身体が沈む。その状態で足をかきはじめ、前進し始める。
6)完全に浮き上がって猛ダッシュ。足取りは側対歩。

写真は、切り取った瞬間によって、手足をそろえて伸ばしていたり片方だけ伸ばしていたり両方折り曲げたままだったりと、いろいろです。
尻尾は飛び込むとき、舵取りの役目をしているようですね。たいていピンと伸ばし力が入っています。
[PR]
by emma-fcr | 2006-02-02 09:44 | お気に入りショット
line

日々是好日生活アルバム with *istDS & K10D & 5D


by emma-fcr
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30